活用事例(動画)

電子機器(IoT/スマート電球)

製品・サンプルの内部構造を非破壊かつ高速に可視化

1

課題

IoT機器は従来の電子機器に無線モジュールやバッテリなどの部品が複雑に組み込まれています。製品の内部構造を観察するには分解を行う必要がありますが、 分解に関する専門知識やテクニックが必要です。また、分解には時間がかかること、元の状態に戻すことが困難であること、コンデンサによる感電リスク等の課題があります。

2

ソリューション

X線CTを使用すると、製品分解に関する専門知識・テクニックがなくとも、高速に内部構造や部品状態を可視化することが出来ます。また分解を行わないため、けがのリスクや製品を元の状態に戻す手間は発生しません。

3

ポイント

製品内部の部品配置や充填物の状態などを確認することが出来ます。また、他社製品の内部構造確認だけでなく、自社開発品の品質評価や機能試験前後の状態評価などにも使用することが可能です。取得した3Dデータを使えば、いつでも任意の箇所を観察出来ます。

アナログ原型(紅蓮の鳳凰)

複雑形状の3Dデータ化、データ修正工数の削減

1

課題

アナログ原型を3Dデータ化には、サーフェススキャナなどの3Dスキャナを使用するのが一般的ですが、アンダー形状などの複雑な部分は取得が困難でした。また、取得出来ても形状・メッシュが崩れるなどしており、データ修正に多大な時間が掛かっていました。

2

ソリューション

X線CTを使用すると、アンダー形状などの複雑部も容易にデータ化することが出来ます。また、表面の窪みも再現された、高精度なデータを取得出来ます。メッシュデータに変換しても、面の反転や欠けなどが非常に少なく、データ修正の時間を大幅に短縮可能です。

3

ポイント

高精細データを取得しているため、目的に応じて後から変換・出力するメッシュ密度をコントロールすることが出来ます。動画向けには精彩に、3Dプリンタ向けには粗くするなど。小さくしたデータは、WEB上で公開したり、頒布するなど様々な活用が可能です。

骨格標本(アカギツネ)

内部構造の可視化、内外複雑曲面の3Dデータ化

1

課題

X線CTを使用せず骨格標本の内部構造を知るには、骨格の分解や内視鏡の挿入、切断・研磨などの手法を行う必要があり、非常に煩雑です。また、サーフェススキャナを使用して標本内外の複雑曲面を3Dデータ化するのは困難です。

2

ソリューション

X線CTを使用すると、骨格標本の内部構造・組織を容易に可視化することが可能です。また、サーフェススキャナと異なり、複雑曲面・アンダーなどの全形状を逃さず取得することが出来ます。標本の3Dデータアーカイブを作成することも出来ます。

3

ポイント

3Dプリンタやモデリングなどに使用するためのメッシュを出力可能です。この際にメッシュ密度・容量は自在に変更することが出来ます。また、専用ソフトウェアを使用してCTで取得したデータから直接動画を作成することも可能です。

電子機器(iPhone Pro 12)

製品・サンプルを分解せずに内部状態を可視化、プロモーション動画作成

1

課題

スマートフォンなど精密機械の内部構造を観察するには、通常分解する必要がありますが、 これには製品分解に関する専門知識やテクニックが必要です。また、製品分解には非常に時間がかかること、元の状態に戻すことが困難などの課題があります。

2

ソリューション

X線CTを使用すると、製品分解に関する専門知識・テクニックがなくとも、1時間程度で製品の内部構造や部品状態などを可視化することが出来ます。また分解を行わないため、製品を元の状態に戻す手間は発生しません。

3

ポイント

非常に短時間で内部構造を可視化出来るため、製品が発売された即日などに、必要な評価を行うことが出来ます。また、実機から3Dデータを取得、動画作成などが出来るため、製品プロモーションにも活用することが可能です。

植物・花(ヒガンバナ)

複雑曲面・アンダー形状を持つサンプルの3Dデータ化、動画作成

1

課題

極めて多数の複雑曲面、アンダーで構成される植物・花のようなサンプルの形状は、サーフェススキャナでは、欠けなく取得することが困難です。また、サンプル形状が時間とともに変化するため、短時間でのデータ取得が必要でした。

2

ソリューション

X線CTを使用すると、植物・花サンプルの複雑曲面・アンダー全形状を逃さず取得することが出来ます。また、数十分から一時間程度と短い時間でデータ取得することが出来るため、経時的なサンプル変形による影響を受けません。

3

ポイント

3Dプリンタやモデリングなどに使用するためのメッシュを出力可能です。この際にメッシュ密度・容量は自在に変更することが出来ます。また、専用ソフトウェアを使用してCTで取得したデータから直接動画を作成することも可能です。

電子機器(デジタル一眼レフカメラ)

製品・サンプルを分解せずに内部状態を可視化

1

課題

極めて大量の部品で構成された電子機器(デジタル一眼レフカメラ)の内部状態・構造を知るには、製品を分解する必要があります。分解には時間かかること、また場合によって部品同士の位置関係や嵌め合い精度などの情報が失われてしまいます。加えて、製品を元の状態に戻すことが困難な場合があります。

2

ソリューション

X線CTを使うことによって、デジタル一眼レフカメラを全く分解することなく、内部構造を確認することが出来ます。分解した製品を元に組上げる手間もありません。また部品同士の位置関係や嵌め合い精度だけでなく、はんだや回路などの電子部品の状態も可視化することが出来ます。

3

ポイント

専用の3Dビューワ(myVGLなど)を使うことで、いつでも必要な情報を取得データから取り出すことが出来ます。この際任意断面を観察出来ることから、非常に多く空間的情報を取得することが出来ます。また、X線CT撮影は1時間程度と非常に高速です。

食品(クロワッサン)

内部構造の可視化、内外複雑曲面の3Dデータ化

1

課題

食品(クロワッサン)の内部構造を知るには、切断などの破壊的手法を行う必要があります。これらを行うとサンプルが変形してしまうことから、真の内部構造を知ることが出来ません。また、変形しやすく脆いことから3Dスキャナなどで内外の複雑曲面を3Dデータ化するのは非常に困難です。

2

ソリューション

MCT225マイクロフォーカスX線CTを使うことによって、クロワッサンを切断する/変形させることなく、内部構造を可視化することが出来ます。また、サンプル内外の複雑な形状を3Dデータとして取得することが出来ます。

3

ポイント

任意の断面を観察出来ることから、非常に多くの空間的な情報を取得することが可能です。また、X線CT撮影は1時間程度と高速にデータを取得することが出来ます。これに加えて、3Dデータをメッシュ(STL形式)に変換して、3Dプリンタで出力することも可能です。

化石(アンモナイト)

内部構造の可視化、内外複雑曲面の3Dデータ化

1

課題

化石(アンモナイト)の内部構造を知るには、切断・研磨などの破壊的手法を行う必要があります。また、化石内外の複雑曲面を3Dデータ化するのは、非常に困難です。特に内部形状を取得する方法はありませんでした。

2

ソリューション

MCT225マイクロフォーカスX線CTを使うことによって、化石を切断・破壊することなく、内部構造を可視化することが出来ます。また、化石内外の複雑な形状を非常に高い精度でそのまま取得することが出来ます。

3

ポイント

取得した三次元データから、任意の断面を観察することが出来ます。このため、切断・研磨するよりも空間的な情報を多く取得することが出来ます。また、X線CT撮影は1時間程度のため、非常に高速にデータを取得することが可能です。

Mobirise website creator - See it